離脱症状、絶対に脱出ブログ

精神疾患で薬を服用。快復に向かうも今度は離脱症状に苦しむ。絶対に脱出して元気になる、なりたい人の希望になりたいブログです。

誰がために。

コンです。

 

絶不調。眠れない、心が弱る。それでも働かないといけない。もう少しだけがんばろう。今年はこれで終わりだから。

 

誰かの為に何かをできることが幸せになる唯一の方法だと思っている。だけどして欲しいことばかり考えてしまう。弱っているからだ。足元を冷たい風が攫う時には、少しだけ支えて欲しいのだ。そんな弱さを見せられずにやってきたんだけど。不安なことばかりになってしまって。

 

自分は、誰の為に何ができただろう。

 

認めてもらいたくて、褒めてもらいたくて、役に立ちたくて、好きになってもらいたくて。必死だった。自分のことしか考えてない。それなのに満たされたことは一度もなかった。

 

もう、この人生をどうしたいのだろう。楽しい仕事ができて、パートナーができて、健康に暮らす。それが望みだ。それが叶ってこなかったからだろうか。努力したら叶うなんて思ってはいない。でも、あまりにも叶わなすぎて、もう疲れてしまった。

 

誰かを助ける為に始めたこのブログだって、自分の心の闇の墓場にしてしまっていることに気づいている。もうずっと。

 

周りのみんなが遠い遠い世界にいるように感じて。とても誰かの為に何かをできることが想像できないんだよ。どうなってしまったんだろう。

 

少しだけ、何かできるようになりたい。

 

コン

答え合わせ。

コンです。

 

そんなこんなでヨーロッパにいる。恐らく大きな出張もこれで最後。今の仕事は今年で終わり。新しいことを始めて、ダメだった場合、は、そんときゃそん時考える。ダメだった場合は考えない方が良いと思うから。

 

仕事の範囲を狭めて特化して、その仕事を深化させていく。そういった時間が、自分のキャリアに必要なのだ。それが通用しなくとも、失敗でも、それをそれ以降の仕事に繋げる。一方で、管理の仕事の成果とは何かと言われると未だによくわからないが、成果を出さなければ簡単にいらなくなってしまうポジションになってしまった。それはそれで、覚悟をして臨めるから良いのかもな。

 

その後はどうしようかな。本当はしたいことはあまりない。どんな人と仕事をするのかもとても大事だと、思いもよらない人の口からそれが出て。できれば一緒に働きたい。でも、それまでに自分の仕事力を養っていかないとな。選ばれるかはわからないけれど、追いかけ続けるのもいいかな。その為に何が今できるかな。

 

どうやっても思考の迷路から出られない。何らかの答えが見つかれば、こうじゃなくなるだろうか。そこに、楽しむという概念を入れていけば、考えても苦しくないだろうか。

 

仕事に対しても、人生に対しても、答え合わせはできないから、きちんと自分で答えを作っていくのだ。

 

あと少しの時間しかない。

 

コン

 

 

愛する人の愛する人。

コンです。

 

不調を引きずるのはいつものことで、またいつのまにか良くなると思っている。体がおかしいけど、おかしいのは頭や心の部分なのかもしれない。会いたい人には会えない。物理的に会えていても、決して交わらない。それは最早会えていないことと同義だ。

 

そんなに辛いことだとは捉えていなかった。でも、無理していたんだな。知らず知らず。それでも、きちんと笑顔でやり遂げられたから、これからも笑顔でやり遂げたい。傷ついていることには気づかれないようにする。そうでないと、気を遣わせてしまうから。

 

意外と大丈夫なんだよ。こういうの、慣れてるから。それに、これは傷つくことではなく、信頼されている証なんだから。決して悲しむようなことじゃない。

 

愛する人愛する人はとても素敵な方でした。

 

生まれ変わったら今度は叶うといいな。生まれ変わりとかあるのか知らないけど。生まれ変わっても会いたい人がいるのは、恵まれた人生を送っている証拠だな。ありがとう。

 

誰とも何も叶えることができなくともいいのだ。自分のくだらない感情より、きっともっと大きな関係を見てくれている。そのことだけが、自分を生かしてくれているのだ。

 

ありがとう。

 

コン

大したことじゃない。

コンです。

 

消えてしまいたい気持ちとは裏腹に、生きなければいけない義務感と、もしかしたら生きていたいのかもしれないものの間を彷徨って。少しニュートラルになれた気がする。

 

死ぬことは悪だと思いますか。

 

決して死を助長させるつもりはない。辛いことがあったから死んでも許されるとは思わない。だけど、自分が選び抜いた答えだったとしたら、それは100%間違いだろうか。答えは人それぞれだな。

 

生きている人間に何を言おうと響かないように、死にゆく人間が何を言おうと意味がないのだ。

 

強くなりたい。

 

そうなるとまた強さとは、とか変なことを考えて論点が逸れるからいけない。詰まり、どんなことがあっても生きていける人間になりたいのだ。

 

ただ生きるということが、なんと難しいことか。しかしそれほど、自分は生にしがみついていたいのだな。生きたいんだな。

 

もう少しして、悲しかったことも薄れて、ストレスも軽くなったら気分も軽くなるのかもしれない。その為に今のストレスに向き合うことはやめない。前を向くことも忘れない。そして、急がない。動けない時は、ただ時間が過ぎるのを待って、いろんなことを見送って、薄れていくのを待つのだ。

 

ただ、伏して待つのだ。通り過ぎるのを。大丈夫。大丈夫。大したことじゃない。

 

コン

 

 

勇気。

コンです。

 

狂っていた。少し落ち着いて、よく考えてみる。1つのことを全てだと思って落ち込むことは悪い癖だ。どんな状況に置かれても、頑張りきってしまうのもそう。いつまでも成長しないな。大抵のこと、本当は大したことじゃない。でも、囚われてしまう。それでも、立ち直りはとても素早くなった。

 

人を好きになることはとても温かいことで、辛い思いをしても乗り越えたいと思えたのは進歩なのかもしれない。叶うことはないけれど、お互いの今後の関係を築いていくためには、必要な痛みなのだと思う。決して気持ちを伝えないこと、全部の痛みを受け入れることと引き換えに、好きでいて良いと思おう。

 

仕事に関しても、やりたいことができるなら、何かを失うことは受け入れよう。

 

落ち込んでばかりはいられない。

 

全て失くしても、問題ない。自分は自分で1人で生きていくのだから。

 

Courage is grace under pressure.

勇気とは、窮地で見せる気品である。

 

ヘミングウェイ。らしいね。訳は色々あるみたいだけど。そうありたい。とても大切な友人が、自分に送ってくれた言葉だ。そのように見える、と。

 

自分の軸だけは失わないでいよう。きちんと生きて、きちんと死ぬまで。

 

コン

いつからか。

コンです。

 

会社や社会に歪んだ自分の思想を押し付けてはいけないと思う反面、そういう部下を持ったら不運だと思って向き合って欲しいとも思う。プライベートとは違うので、逃げ切れないと思う。だったら解雇してください。民事にしたりしないから。

 

話してわかりあえなければ仕方ない。でも話さないままだったら、今ある情報だけで、今言われたことだけで自分は結論を出さないといけない。でも現時点での情報だけでは、確実にすれ違いがあると感じている。話してみないとわからない。

 

友達と遊ぶ約束を忘れたり、宿題をやらなかったり、学校をサボったりを平気でしてた子供が、いつのまにかものごとときちんと向き合わないと許せないがんじがらめの大人になってた。

 

いつからだろう。まぁいっか、と思えなくなったのは。いつからか、そうなってて。大学まで行かせてもらったのに、心の弱さから就職だってしなかった。何年もその日暮らしをして、それでも平気で生きてきた。

 

でも途中から、何をしても楽しくなくなった。平気じゃなくなった。きちんとしないと嫌になった。サラリーマンになってからはもっと顕著で、きちんとしていく度に他人を許せなくなって、反比例するように楽しくなくなった。

 

仕事や恋愛や体調がうまくいかないことを原因にしてきたけど、本当はもっと違う、生きることとか、魂のレベルとか、そういうことのように思う。

 

哲学とかいう高尚なものではなく、論理的でも何でもないことを延々と考え続けることに毎日疲れているんだ。考えて、行動してこそ考える意味があるはずなのに、がんじがらめなことが多すぎて何もできない。

 

これも明日になれば薄れたり、忘れたりするのかもしれない。それですら嫌なんだから、どうしようもない。

 

色んな人と色んなことをうまくやろうとしすぎてうまくいかなかったみたいに、正しいことを自分の心の目で見て選び取ろうとして、正しいことだけを掴もうとして、その行動自体が正しいことではなくなってしまってるのかもしれない。

 

正しくなくとも良いとは思っている。それなのに、正しさを掴むために答えの出ないことばかり考えている。正しくないと自分は許されないと思っているからだ。

 

いつからこんな風になってしまったんだろう。毎日が楽しかった子供時代は、いつからかどこかへ行ってしまったっきり、どうやら帰ってこない。正しくなくても、楽しくなくても、生きないといけないから、ずっと探してる。

 

いつか、いつからか楽しくて仕方ない人生にならないだろうか。

 

コン

忘れゆく。

コンです。

 

ものごとは複雑なようで、実は好きとかそうでないとか、そういった単純なことなのかもしれない。詰まり、好きで。どうしても叶わないのにどうしても忘れられないのだ。忘れられないことで、少し切ない気持ちになることを続けることで得られるものがないだろうかと、決して答えなどないことに目を向けようとしている。

 

頭では叶わないことなどわかっていた。だけどそれを目の当たりにするのはまた違った意味があるのだ。それでもどうしても好きなのだ。

 

いつまでも、醒めない夢を見ている。

 

これが悲しいことかどうかももうわからない。ただ、涙が出るんだ。馬鹿らしいでしょう。でも不思議と、憎いとかそういう涙じゃないんだ。

 

大丈夫。大丈夫。忘れていける。

 

感謝している。ありがとう、ありがとうと。そうして忘れゆく。景色と、想いと。あの人の為に忘れるんだ。

 

コン